忘れてはいけない3.11。公務員志望者としてどう考える?

PAK56_donou500

 

あれから4年が経った…とは思えない東日本大震災。

復旧へむけてさまざまな取り組みがなされているものの、完全回復には程遠い状態が続いています。

 

被害にあった地域の自治体も懸命に活動していることは各メディアを通してご存じだとは思うのですが、公務員を志望する「あなた」は、自治体の取り組みにどんなことを感じているでしょうか。

 

また、被災地だけでなく、今住んでいる私たちの地域において、どの程度災害対策への取り組みがなされているのか、調べてみたことはあるでしょうか。

 

 

いずれその自治体の職員となる立場(志望者)として考えた時に出てくる意見は、単なる「住民」としての目線ではないはずです。

 

現在の災害対策への取り組み、住民への周知活動、早急に対策を打たなければならないこと、災害対策で素晴らしい取り組みをしている地域との比較…など、調べられることは山ほどあります。

 

今から情報収集を始めておくことで自分の中の本当の意見が見つかるはずです。

教養試験合格後に調べても…遅いですよ~。

 

 

この機会に取り組んでみてくださいね!

 

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
コメントは利用できません。

入塾説明会のお申込・お問合せはこちら

入塾説明会申込 / お問合せ