「ノートまとめ」がもたらすデメリットを知っていますか? | 公務員試験対策スクールAce

「ノートまとめ」がもたらすデメリットを知っていますか?

PAK15_notepenhikkiyougu20140312500

 

「勉強とは、ノートをまとめることだ!」

と考えている人も多いのではないだろうか???

と思うほど、ノートまとめに必死になっている学生をこれまでたくさん見てきました。

 

 

特に知識系(社会系)分野において

「私、全然覚えられないから、ノートをしっかりまとめなきゃ!」

と、カラフルでキレイなノート作りに励む学生の多いこと…。

 

 

ノートまとめが悪いとは言いません。

…が、受験生のみなさん、少し立ち止まって振り返ってみてほしいのです。

 

ノートをまとめた後、それを覚えることはできたのでしょうか?

 

 

何のためにノートをまとめるのか。

 

立ち戻るべき原点を考えずにノート作りを始めてしまった結果、試験本番までに実力がつかずに終わってしまった…ということのないようにしましょう。

 

 

「記憶に残す」ことが目的であれば、例えば

 

・マインドマップを使う

・写真を貼る

・殴り書く

 

ことでも記憶に残すことは可能なわけです。

 

「キレイなノートを作ること」は必ずしも必要だとは限らないのです。

 

 

いつか復習をするときのために、要点をわかりやすくまとめておきたいという気持ちはわかります。

その場合であっても、自分のノートは一種の「制作物」であるべきで、参考書類から「書き写す」だけでは効果は得られないということを覚えておいてください。

 

 

特に「写本」という行為には注意です。

 

時間をかけて、1文字1文字ノートに書き写すという行為は、終わった時にものすごく満足感を得られます。

 

「私はこんなに勉強した!!!」

 

という錯覚に陥ってしまうのですが、本に書いてあるものをただ書き写し、本の複製を作るという行為は「作業」になっていることも多く、実は何も覚えていなかった…という事態をも引き起こしかねないのです。

 

時間もかけた。

労力もかけた。

満足感もある。

 

でも何も得られていない!!

 

…という、費用対効果ならぬ時間対効果のすこぶる悪い結果を招かないようにしてください。

 

時間は限られています。

時間を上手く使って、公務員試験の1点につなげていきましょう!

 

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
コメントは利用できません。

入塾説明会のお申込・お問合せはこちら

入塾説明会申込 / お問合せ